ハイキャリアの女性で美しい方に出逢うのは極めて稀だ。

大抵はお化粧は最低限、髪はボサボサ、靴はローファーみたいなもの、体型は中肉中背を超える、大声で話す挙句踏ん反っているというパターンだ。

そこに美しさへのこだわりは微塵も感じられない。むしろ、諦めを通り越して美の概念を忘れてしまっているかのように見える。

おそらく、その自覚はないでしょう。

美しさへのこだわりを無くした時、女性は女性美をアッという間になくしてしまう。これは、ハイキャリア女性だけではない。全ての女性に言える。

言い訳は幾らでもある。仕事が忙しい、子育てが忙しい、昔みたいに美容に時間をかけていられない、どうせ歳だから…など。

どんな状況でも、美しさを追求する事は可能だ。それは誰が定めたものでもない、貴方だけの美しさだ。ただ、追求し続けなければならない。油断と隙は禁物だ。妥協という言葉は自分の辞書から削る必要がある。

今更美しさを追求したって、と思う事なかれ。美しさを追求する事で自分の芯まで強くなり、必然的に仕事や家庭にも良い影響しかもたらさない。自分は何とも思っていなくとも、貴方のエネルギーの違いを周りが「気付いてしまう」から、特別扱いせざるを得なくなる。

ハイキャリアの女性美しさを追求しない理由はない。