コラム

変化にしなやかに生きる

昨日、新月の夜 Asami-Paris に復帰した 実に3か月振りだった 直感で選んだ日が新月で嬉しかった   私が謎の肺炎に倒れる直前 脳科学コースを3回受講した それなのに緊急入院となった事に 自分が意図し …

旋律の美しさ

思い出の曲に浸る時 どんな気持ちを抱いて耳を澄ますか たくさん在る中でどの曲を選ぶか   選んだ曲が 聴いた時の感覚が 今の自分の心の凝りを伝えてくれる   不安定な社会環境の中で 想像より遥かに大き …

愚直に繊細に生きる

病床から復活するに当たり 何をするのにも倍の時間がかかってしまう   何の薬の副作用なのか 著しく理解力が落ち、脳味噌をフル活動出出来ない 私の時間はスローモーションのように流れており 仕事にも多少なりとも影響 …

美しさを楽しむ

新型コロナ対応で私も漏れなくリモートワークをしている 私の会社は元々ノート型パソコンを持ち歩くため 3月初旬からずっと家にいる   不幸中の幸いで、リモートワークが無ければ 今、回復に至って無かったのは事実だ …

退院、そしてその後

ようやく人並みの日常生活を送るまでに回復した   一月の末のある日 突如38.5℃の発熱に見舞われ インフルエンザかな、と思い病院に足を運んだ   数日前にも風邪気味で病院にかかったのに 回復の兆しが …

宇宙からのメッセージ

約1週間前に人生で最大の悪寒があり よろしくない兆候だと近所の病院に行ったまま 即入院となった そして、今なお病院にいる   病名は感染性肺炎である 肺炎ね、コロナウイルスじゃなくて良かった と軽く考えていたが …

楽な方に流されずに生きる

どんなに意識していても 私達は無意識に楽な方を選択してしまう   意識的に楽を選択した場合はまだマシだが 無意識に楽を選択していても気が付かない これが人生の落とし穴となる   無意識の思考癖を発見す …

世界を見て生きる

く慌しい日常が早速戻ってきた 私の日常は2日目にして分単位のスケジュールとなり ついて行くのがやっとである   たった1ヶ月離れただけでここまで脳の働きが落ちるとは 本当に恐ろしい事だ 改めて女性が仕事を持つ人 …

仕事の必要性

私自身はそこまでの認識はなかったが 医師から見れば明らかだった   私の疲労は限界をとうに超え あと一押しで何があってもおかしくない状況で 1ヶ月の休職を余儀なくされた   本日より漸く始動する &n …

骨盤が教えてくれたメッセージ

久しぶりのハイヒールレッスンであった 怪我が続いていた私にしては 以前の課題であった脚の向きが 少し良くなっていた   一方で悪くなったのは 骨盤の動きである   脚の力ではなく 骨盤を動かす事で 怪 …

« 1 2 3 4 14 »
PAGETOP
Copyright © Eternite All Rights Reserved.