コラム
  • HOME »
  • コラム »
  • Highheels

Highheels

初めてのハイヒールレッスン

2014年6月、私は仕事のストレスから、勢い余って10年ぶりに、フランス シャルルドゴール空港に降り立った。 ただ、Parisでハイヒールレッスンを受けるためだけに。 ハイヒールに目覚めさせてくれた女性の先輩のような方に …

ハイヒールを履かないなんて

「ハイヒールを履かないなんて、女性として損よ」 新卒の時に出会った素敵な女性の先輩の一言だった。この言葉に衝撃が走った 名実共にキャリア官僚だった彼女は、聡明なうえ美しく、独特の雰囲気を持った方だった。 いつも10cm近 …

美しさと仕事の相関関係

ハイキャリアの女性で美しい方に出逢うのは極めて稀だ。 大抵はお化粧は最低限、髪はボサボサ、靴はローファーみたいなもの、体型は中肉中背を超える、大声で話す挙句踏ん反っているというパターンだ。 そこに美しさへのこだわりは微塵 …

本物に触れる事の恩恵

感度が上がると、物の持つエネルギーに異常に敏感になる。 私の場合、着るものはもちろん、ノート一冊、ペン一本にまで至る。 エネルギーが合わない物を持つと、自分の行動の速さ、モチベーションにまでに激しく影響するからバカにでき …

些細な違和感

チャンスは誰にでも訪れる、平等に。 但し、その瞬間は本当に一瞬で、一瞬の判断であり、ほんの些細な違和感だったりする。 この些細な違和感を決して見逃してはならない。それは、直感や潜在意識がアラートを出しているのだから。 些 …

浮腫みとハイヒール

ハイヒールを履く際に、障壁となるものが幾つかあるが、その1つが浮腫みである。 浮腫みほど、身体の状態を表すものはないと私は思う。 良く、夕方になると脚が浮腫むので、靴選びには夕方がいい、と言われるがそれは間違いだと思う。 …

一流のハイヒールの恩恵

私はChristion Loubtain と Sergio Rossiのハイヒールをこよなく愛している。 どちらとも、超一流だ。脚を入れた瞬間に言葉に表せられないエネルギーを感じるのだ。 Loubtain は、ハイヒール …

武器にも凶器にもなるハイヒール

フランスと言えば、ハイヒールの神様、クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)ですよね。 ルブタンのハイヒールは、履いた瞬間女性を目覚めさせる芸術品。 歩くのにもテクニックが必要ですし、身体の軸が整 …

« 1 2
PAGETOP
Copyright © Eternite All Rights Reserved.