コラム
  • HOME »
  • コラム »
  • Highheels

Highheels

蘇生

家庭の事情で、ここしばらくハイヒールレッスンから離れた生活を送らざる得なかった。   それは、私にとって苦痛であり、自分の信念を試された約2ヶ月であった。   一方で、ハイヒールを履かない日はなく、ハ …

正しく歩く

何故ハイヒールが好きなのか、と問われれば   いろいろな理由は言える。   ただ、本当はあらゆる理由よりも   ハイヒールに足を入れる度に   あらゆる「スイッチが」入る &nbs …

忙しいからこそ

仕事も家庭もそれだけ忙しいのに、どうして美しく入られるのか?   これは、昨日、とある男性社員からかけられた質問である。   私の答えは、   忙しいからこそ、美しくあるために、ハイヒールを …

キャリア女性の 差

キャリア女性というと、大雑把に言うとふたつに分かれる。 女性を捨てている女性か、 女性性を堪能している女性   よく、日本では、もう歳だから…という事を言い訳に   美しさへの努力を怠る。 &nbsp …

ハイヒールを履かない方が腰を痛めるという事実

私事であるが、先週引越しをした。 引越し作業の間だけは、ハイヒールを履かなくても良いのではないか、   そんな邪心が心を過った。 結局、私は低いヒールを履いて作業をこなすことを選択した。   ハイヒー …

美の二極化

私が好きなハイヒールのブランドは、セルジオロッシとクリスチャンルブタンだ。双方共、ハイヒールに対する並々ならぬ想いがプロフェッショナルとしての作品という形に現れている。脚を入れた方なら、そのエネルギーを感じられたことだろ …

初めてのハイヒールレッスン

2014年6月、私は仕事のストレスから、勢い余って10年ぶりに、フランス シャルルドゴール空港に降り立った。 ただ、Parisでハイヒールレッスンを受けるためだけに。 ハイヒールに目覚めさせてくれた女性の先輩のような方に …

ハイヒールを履かないなんて

「ハイヒールを履かないなんて、女性として損よ」 新卒の時に出会った素敵な女性の先輩の一言だった。この言葉に衝撃が走った 名実共にキャリア官僚だった彼女は、聡明なうえ美しく、独特の雰囲気を持った方だった。 いつも10cm近 …

美しさと仕事の相関関係

ハイキャリアの女性で美しい方に出逢うのは極めて稀だ。 大抵はお化粧は最低限、髪はボサボサ、靴はローファーみたいなもの、体型は中肉中背を超える、大声で話す挙句踏ん反っているというパターンだ。 そこに美しさへのこだわりは微塵 …

本物に触れる事の恩恵

感度が上がると、物の持つエネルギーに異常に敏感になる。 私の場合、着るものはもちろん、ノート一冊、ペン一本にまで至る。 エネルギーが合わない物を持つと、自分の行動の速さ、モチベーションにまでに激しく影響するからバカにでき …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © Eternite All Rights Reserved.