私は、自分の人生はコントロール出来ず

地道な努力の積み重ねと運であると思っていた

 

確かに運はあるが

今はそれに加えてマインドをどのように保つか

すなわち、脳科学を使ってコントロールする事

これこそが重要だと断言出来る

F900A51C-3347-4A61-BDD0-BFF088874FA6

1月の下旬に私は重症の肺炎に罹った

高熱が出た後平熱に戻り

3日後に高熱が出た時には

レントゲンは両肺が真っ白になり

血液中の炎症値が入院基準を遥かに超え

要管理、強制入院となった

 

当然、コロナウイルスの疑いはあったが

2週間以内の海外渡航歴はなく

中国人との接触歴も無いことから

検査は受けられなかった

真実は闇の中であるが

今となっては症状から察するに

陽性の可能性は十分あったと思う

 

医師からは

血液中に炎症がある=敗血症なので

相当期間の入院を覚悟する様に

と宣告され

コロナ罹患の要素が否定出来ないため

病院をたらい回しにされた

 

だが、結果として私は10日で退院出来た

退院後も通常の生活水準に戻るまで

3ヶ月かかったが

脳科学を駆使して急速に回復する事を意図し

目標の2週間を切って退院する事が出来た

 

私は子宮内膜症の手術をきっかけに

高血圧症を発症しており病状悪化に拍車を掛けて

いたにもかかわらず

10日で退院出来るまで回復出来た事に

医師が心底驚いていた

 

私は生まれた時から365日虚弱体質な故

元気な子供だった事もなく

身体のポテンシャルがそもそも低いので

私自身が一番驚いた

 

ここまで早く回復出来たのは

入院直前にAsami-Paris の脳科学セッションを受け

すぐさま実行した結果だと確信している

 

人生のコントロールでマインドを維持する事が

一番の鍵となり、結果を左右する

勿論、地道な努力を怠ってはならない

 

努力とブレない心で未来を意図していく事が

今の日本人には必要ではないか

二極化の波のどちらに乗るかは

マインドをどう保つのか次第である

 

Junko