生まれた時に命名された姓名が

同姓同名が何万といるポピュラーな名前で

とても嫌だった

国会議員、新聞掲載の犯罪者、病院で一緒になった方、

コスメカウンターで鉢合わせた方、など

同姓同名に何度も遭遇した事がある

 

その為もあり、今までペンネームを使っていた

結婚して苗字が変わった時も

エネルギーが異なる事を強く感じた

 

ところが、何故かしっくりこなかった

本心で生きている、とは言い難かった

取り繕っている、というか

ハリボテの虚像に本心を隠していたのかも知れない

 

本名のJunko とした時

まずホッとして

そして名前に魂の宿す力を感じた

やはり、自らを偽る事は

私には続けられなかった

 

偽って生きることほど苦しい事はない

 

正しく美しく生きるために

エネルギーを削ぐものは排除していくべきと痛感した

 

Junko