昨日、新月の夜

Asami-Paris に復帰した

実に3か月振りだった

直感で選んだ日が新月で嬉しかった

 

私が謎の肺炎に倒れる直前

脳科学コースを3回受講した

それなのに緊急入院となった事に

自分が意図した事とは全く違うと正直落ち込んだ

 

レッスンが止まり、どんどん遅れてしまう

復帰するのも時間がかかる

焦りは心を蝕み、情報をシャットダウンした

 

それでも振り返ってみれば

さほどメンタルの影響は無かった

身体的にはキツかったがメンタルのダメージは

焦り以外には殆どなかったのだ

 

謎の肺炎になったのも

生き方を改めよ

という天からの声であることは

痛い程理解していた

 

 

いざ、新たな世界に出でよ

そのメッセージを受け取りながらな中々出来なかった時

COVID-19の自粛が始まった

私のテレワーク生活は3月1日から始まったが

テレワークでなかったら到底まだ復帰出来ていなかった

体力を温存できた事は大きい

 

私の会社は変化に柔軟で

早々にテレワークがデフォルトになり

前の生活に戻れるのではなく、常識が変わる流れに乗れ

と早々に通達された

 

その中で、副業が一定条件下で正式に認められた

何かあっても会社にすがるだけの人生でいるな

生き抜く力を蓄えよ、という事である

この結論に本当に驚いた

 

今まで通りの人生はもう送れなくなった

新しい生き方は全世界で必然となった

新しい生き方を自分でカスタマイズし

しなやかに逞しく生きる者だけが

生き抜く自体に強制的に変わった

 

信念、美学、哲学を世界基準で持ちながら

確信をもって生きる

今を生きる必須スキルである

 

 

このタイミングで

怜から、本名のJunko とする事にした

私は、自己の本心、信念や美学に背くこと無く

真正面から生きる事を決意した

 

Éternité

Junko