主人に反対され拒否反応が出た上に立ちはだかったのは

義父の病と実父の死であった。

幸いにも義父は手術で前より弱ったものの、通常生活を遅れている。

2018年8月24日、天国に旅立った。

享年73歳。それでも2004年に肺ガンステージ4、余命なし、予後不良から14年

良く生き永らえた

この事自体が奇跡である一方、自分が納得して死を迎える選択肢がないのも日本の現実である

覚悟はしていたものの、喪失感はなかなか埋められなかった

D15232FD-0D8C-45B1-A073-F60FEE97FBCB

 

私の父は愚直な人間で80年代から香港、中国、マレーシアに海外赴任し、エンジニアとして現地指導を、行った

その上、独立して、中国と香港でビジネスを始めた。

当時大学1年の私も、香港と日本を半々で過ごすことになり、私の社会デビューは中国企業の立ち上げである。

この経験が私の仕事に対する価値観を大きく影響している。

プロとは何か、日本以外で生きること、ビジネスの罠

全てが今の糧となる

ただ、喪失感がハイヒールコーチとしての道をより遠ざけた