『そのハイヒール、凄くないですか?』

よく言われる言葉の1つである。

 

時には、うわっ!と感嘆される事すらある

 

何がどのように〝凄い”かは

その時々であるが

大抵は〝ヒールの高さ”と〝ヒールの細さ”である

 

ハイヒールを履かない運動が盛んにある日本の中で、極めて異質なのであろう。

 

そのように言われた時の、私の答えはただ一つ

 

『ハイヒールが好きなのよ』

 

どこのハイヒールか

なぜハイヒールが好きなのか

聞かれれば答えますが

ほとんど聞かれる事はない

 

社会人になりたての頃、私も同じ事を先輩に聞いた事があるので気持ちは分かる

 

ただ、私はその時に恥も外聞もなく

 

なぜ10㎝を超えるハイヒールを履くのか

どこのハイヒールを履いているのか

ハイヒールを履くことにおけるポリシーは何か

 

を聞きまくって、今がある

 

この一コマがなければ、ASAMI 先生に会う事もなく、美しく生きたい、在りたいという願いは言い訳と共に失ったであろう

 

私はそのお話を伺って以来

怪我や病気をした時およびハイヒール汚れる危険性があるシュチュエーションを除き

ハイヒールを欠かした事がない

 

それ程に大切なものであり、これ以上ない武器である

 

ハイヒールの恩恵を

是非伝えていきたい