いろいろあって、停滞してから1年という月日が経ったのか、と我ながら驚く。

 

家庭不和からの、ハイヒールレッスンの中止。

16年間のガンと戦った父の逝去。

仕事の変化による忙殺。

日本の価値観。

私自身の持病。

 

私は私自身を見失いかけた。

 

エネルギーの共鳴とは正しく、

落ちている時に取捨選択するものは、

大抵の場合、良い結果をもたらさない。

 

ただ、私には救いがあった。

 

ハイヒールの哲学

 

それだけが唯一無二の

私が私である事を助け、正しく導いた。

 

ハイヒールレッスンは、一からやり直し、と気持ちを決めたところで

 

持病の悪化により、手術が来月に決まった。

腹部を切るため、ハイヒールが履けないどころか

フラットシューズでも歩くのが2、3ヶ月困難になる。

 

ここからは、

手術後からハイヒールを履くための

人体実験。

 

その軌跡を身体と思考を使って

検証しようと思う。

その実証は、

新たな私のハイヒールの哲学に

記述が加わるように。