美しさへの手を少しでも緩めると

あっと言う間に堕ちる。

 

これは、語学と同じである。

 

そして正に今、味わっている。

 

先週からプライベートのパソコンが故障したダメージと

 

激務が祟り、高熱を出し3日も寝込んでしまっている。

 

美しく在る、と言う事に終わりはない。

 

年齢も、環境も関係なく、美しく在る事そのものが女性としての真価を問われる。

 

そこには、外面的な美のみならず、内面の美が共鳴する事が必須である。

 

忙しさについつい言い訳してしまう。

 

その隙を見逃してはならない。

 

美しく在る事は、女性としての義務であり、また、喜びである。