誰しも美しくありたいと願い、

一時期は美容に夢中になった時期は誰しもあるだろう。

 

ところが、美しく生き続ける女性と、

美しさとは無縁になっていく女性と、

大きく二極化する。

 

 

大きなシグナルは、

お化粧が面倒になって手を抜き始めた時、

ヒールの靴を履かなくなった時、である。

 

 

このいずれか、もしくは双方が出てきた場合、

自分の美意識が地に堕ち始めたと理解して良い。

 

理由はいろいろある。

環境の変化、子育て、仕事、年齢…

 

それでも、敢えて言う。

 

 

全て言い訳である、と。

 

 

自分の美しさを高く保ち続ける事は、本当に難しい。

 

だが、周りに、無駄な情報に流されてはならない。

 

 

美しくある事、あろうとする事は、女性として生きる上で最も重要事の1つと思う。

 

美意識の二極化は生活の二極化全てにおいて繋がり、チャンスまでも失う。

 

 

女性である限り、自分の美しさに自信を持ち、美しく生きる事に妥協案