RayTojo

RayTojo

今の世の中であっても、男性よりも、女性の方が生きる上で試行錯誤が多いのではないか、と最近痛感する。

 

無論、人に寄るが、女性は家庭が第一で、仕事よりも若干プライオリティーが高い。

 

仕事のプライオリティーが高い時は、意図せずに女性の美しさを蔑ろにしてしまう

事もある。

 

働き方改革、と銘打った取り組みが政府主導の下、民間でも取組まれている。

 

私が気になるのは、人口減少に伴う労働人口の低下で、だから女性にも活躍してもらう、という前提である。

 

翻って、人口減少にならなければ、女性の活躍とはならなかったのではないか、と思うのだ。

 

 

現在の日本に於いては、社会や会社が男性の発想で出来ている。

 

だから、女性が活躍できる場所を!、と銘打たないと女性が生き生きと活躍出来ないか、女性が女性らしさを捨てるしかないのが現状である。

 

仕事をしながら、女性らしさを全開にするのは難しい。

だからこそ、ハイキャリアの女性こそ、ハイヒールを身に付けて、

女性性のスイッチをONにしてバランスを取って欲しい。

 

ハイキャリア女性しかない美しさと仕事での心配りを存分に発揮し、

あのようになりたいと思う若い女性を増やして、社会を根幹から変えて行きたい。

 

 

女性らしさ故の武器は、何にも変えがたい、自身と周りへの多大な影響を与える。