私事であるが、先週引越しをした。

引越し作業の間だけは、ハイヒールを履かなくても良いのではないか、

 

そんな邪心が心を過った。

結局、私は低いヒールを履いて作業をこなすことを選択した。

 

ハイヒールから遠ざからなかったことは、正確だった。

足の運びがヒールの歩きなので、腰を痛める事がなかったからだ。

 

 

以前、階段から落ちて足を捻挫した時、私はフラットシューズを履く事を選択した。

だって、怪我だから仕方ない、ハイヒールを履くため、と我慢に我慢を重ねた、

 

 

結果、フラットシューズを選択した事が仇となり、私は腰を始め全身を痛めた。

 

ハイヒールを履く事の方が腰や足に負担が掛かると一般に言われる。

また、整形外科では必ず、ハイヒールを履くのを止めれば治る、と呪文のように言われる。

それは、本当に呪いのようで、心に深く刻まれる。

 

しかしながら、私は自信を持って、ハイヒールを正しく美しく履く事の方が

腰を痛めない、と実体験から痛感する。

 

フラットシューズでは、容易に歩く事が出来、ドカドカと歩けてしまうからである。

 

一方で、ハイヒールでも、ものすごい音を立ててガツガツ歩いている人が多いが

それではハイヒールの恩恵は受けられない。

 

ハイヒールの恩恵を受けるためには、どんな時も美しくハイヒールで歩くという事の決意と

美しくあり続けるための意識を落としてはならない。

 

 

ハイヒールは、自分の身体の状態だけでなく、マインドまで教えてくれる

 

だから、ハイヒールを美しく履く人は選ばれし人なのだ。