何もかも上手く行く時がある。ただし待っていれば来るものではなく自ら掴みに行き、その一瞬を逃してはならない。今回はこの事を改めて実感した。

今の住まいを引越す案がぼんやりあったものの、候補は更新判断のギリギリにならないと内覧出来ない。

ここまで状況が揃わないと、これは現状維持せよとの神からのメッセージかと思い、一度は諦めもした。

しかし、私にとって諦めや現状維持は後退を意味する。

諦めと言う都合のいい言葉を、言い訳にすり替えてはならない。

それは、自分の人生のコントロールを自ら手放す事とイコールである。

まずはもう一度心を整えて、できる事は何か、最善を尽くしたか、後悔しない選択と言えるかを考え、アクションを起こすと言う決断をした。

アクションを起こしてから3日、昨日物件を見に行き、即断即決し、今日審査が通ったとの連絡を受けた。キープしていたものよりずっといい条件で。

人生が変わる瞬間は、物事が上手く進むだけでなく、相当なスピードで変わる。

人生を鮮やかに変化させる事が出来るか否かは、この一瞬を捉えることができるかどうか、ただそれだけである。