私の父は、長い事病を患っており、ここ数日優れなかった。

 

それでも、彼は余命3ヶ月を宣告されてから15年、この世で生きている。

 

思いは複雑であるが、そのような状態の父から、美しさを垣間見ることに驚きを隠せない。

 

それは、

 

生きよう

 

と力強く光を捉える視線である。

 

その視線は神々しく、表現し難い美しさを放つ。

 

私達は、健康で元気で過ごせていて

にも関わらず、不満やマイナスを見続けていないか?

 

どんな環境でも、一筋の光を見い出し

そこだけに焦点を当てる

 

その眼差しに光と美しさが宿る