ハイヒールを履く際に、障壁となるものが幾つかあるが、その1つが浮腫みである。

浮腫みほど、身体の状態を表すものはないと私は思う。

良く、夕方になると脚が浮腫むので、靴選びには夕方がいい、と言われるがそれは間違いだと思う。

それは、全身の筋肉を満遍なく使って歩いていない事と、炭水化物の取り過ぎである。

あらゆる炭水化物の取り過ぎは、身体を浮腫ませ、そして太る(笑)驚くのは、タンパク質中心、所謂肉食にしているとほとんど浮腫まない。ハイヒールのサイズが変わる位だ。炭水化物を摂った日はいつものハイヒールがキツくて仕方がない。笑

しかしながら、ハイヒールを正しく履き、全身の筋肉をくまなく使って歩いていると、わずかな時間でも足の裏やふくらはぎ、腹筋、背筋が使われる事により、あっと言う間に血流が良くなるので浮腫みは解消される。

私は当初、師匠に言われたもののそんな事はあり得ないと思っていた。

ところが、騙されたつもりで気をつけてやっていたら午前中の段階で浮腫みがなくなるのだ!これには驚いた。

ハイヒールは女性の見た目を美しくするだけでなく、身体全体に効用があるのだと。

但し、正しく使うべき全身の筋肉を使って歩いた場合に限る、というのが留意点である。

というのも、私がまだ手探り状態で本当にハイヒールの威力が分かっていなかった時は、その恩恵に恵まれなかったからである。

ハイヒールを履くと、美しくいるだけでなく、身体の使い方の誤りまで分かり、身体のラインも、無論脚のラインも変わる。これを恩恵と言わずなんと言おうか。これが、私がハイヒールを激しくお勧めする理由の1つである。

更に、炭水化物を控える事によりもっと身体が変わる。そもそも浮腫みにくくなるから、自動的に小顔になるし、これに顔のマッサージやトレーニングを加えれば鬼に金棒なのだ!笑

女性が美しくいる事は、自分も周りも幸せにする。