フランスと言えば、ハイヒールの神様、クリスチャン・ルブタン(Christian Louboutin)ですよね。

ルブタンのハイヒールは、履いた瞬間女性を目覚めさせる芸術品。

歩くのにもテクニックが必要ですし、身体の軸が整っていないと長時間は履けないハイヒールです。

よく、ハイヒールは身体を悪くする、とか

ハイヒールは娼婦の履くもの、とか

いろいろなハイヒールエピソードはありますが、

私は確信しています。ハイヒールは女性をより女性らしく魅せるもの。

でも、ハイヒールは女の武器であり、凶器でもあります。

なぜなら、きちんと履かないと、身体にダメージを残してしまうから。

そこに必要なのは、「美しくあるために努力すること」を絶やさずにいることです。

これがなかなか難しい。だから、日本人女性はハイヒールを避けてしまって

ペタンコシューズ、ラクに履けるシューズなんぞを選択してしまう。

フランス人の美に対する執念、こだわりはすごいです。

自分を盛りすぎず、自分の強みを十分に把握しながら、

自分を一番素敵に見えるようにセルフプロデュースしているの。

フランス人は服を10着しか持たない っていう本がヒットしましたけど、

最小限で最大のオシャレをする。

それには自分を知らないとできない。

でも、味方にしてしまえばこれほど強い武器はない。

ハイヒールを「美しく履きこなす」だけで、女性らしさが一段も二段も上がりますよ!!